消防設備工事

ここから本文です。

火災から人と建物を守る

万が一の火災に備える、消火器・スプリンクラーなどの「消火設備」、火災報知器などの「警報設備」、避難ばしごなどの「避難設備」を総称して「消防設備」といいます。これらは、建物の利用者が安心安全に過ごせるために欠かせないものです。

沢設備工事では、消防法に基づき、各種消防・消火設備の適切な施工を実施。建築物と利用者の安全をサポートいたします。

業務内容

  • スプリンクラー、屋内消火栓、連結送水管などの消防に関しての配管工事
  • スプリンクラー、消火器、消火栓ボックス、送水口などの器具付け工事
  • 器具付け後の機器試運転、調整工事
  • 上記に伴う諸官庁への申請書類作成及び提出手続など

Tips

消防設備は、他の給排水設備や空調設備などと違い、日常使われることがほとんどないものですが、使わなければ故障しない、というものでもありません。実際、火災時に消防設備機器の経年劣化や不具合により、避難や初期消火が遅れ、被害が拡大したという事例は少なくありません。
いつ訪れるか分からない、消防設備の利用に備え、定期的な保守点検を実施してください(消防設備保守点検の実践は、消防法にも定められています)。

空調換気設備工事 給排水衛生設備工事 消防設備工事

このページの先頭へ